正しいパソコン姿勢は疲れない

パソコンを長時間使うと肩が凝ったり、首が痛くなったり、腰が痛くなったりしませんか?

そう言った症状が出るのは、身体を丸くした姿勢、つまり猫背に原因が有ります。

人間の頭は体重の1割ほどもある(5~6キロ!)為に、横から見て頭が体の前に出ると、重さを支えるのが身体に負担となるんです。

ですから頭の重さを骨格で支えられるように、背筋を伸ばして顔を前に向けた状態のまま、パソコンを使えるようにデスク周りを調整すると、疲れにくくなるんですよ。

正しいパソコン姿勢のための、デスク周りの調整

それでは正しいパソコン姿勢がとりやすいように、デスク周りを整える方法をご紹介します。

この様に調整すれば、肩こりや腰痛が起こりにくくなるので、是非お試しください。

椅子の高さ

pasokon1

足の裏をしっかり床に着ける。

足首、ひざ、股関節が90度になるようにする。

 

机に合わせると足が浮く場合、代を置いて調整します。

pasokon2

椅子が高いと太ももが圧迫されて、むくみなどの原因になります。

 

キーボード、マウス、ノートの位置

pasokon3

背筋を伸ばして座る。

肩をリラックスさせ、腕は体の横に垂らす=筋肉を使っていない状態。

 

肘から腕を曲げる

pasokon4

そこからヒジを90度に曲げたところにキーボード、マウス、ノートが来るようにしてください。

 

前傾にならない様に注意する

pasokon6

肘をついてすれば良いということではありません、肘を着くと前傾姿勢になってしまう事が多いです。

腕が身体から離れればはなれる程肩や背中の筋肉に負担がかかるようになります。

 

手首の反りすぎにも注意

pasokon7

キーボードを使う手首が反ってしまうようならリストレストを使ってください。

 

モニターの位置

pasokon5

背筋を伸ばした状態で、画面の一番上が目の高さになるように、台を置いて調整します。

 

ノートブックパソコンの場合

pasokon8

ノートブックパソコンは目線が下になり、手が前に出やすいので、キーボードを外付けして理想的な位置に置くと良いです。

パソコンを使う場合の基本は、顔が下を向かなくても良い位置に画面を上げること、腕が前に出ないようキーボードを身体に近づけることです。